関節痛を和らげる魔法のサプリメント|グルコサミンで健康な体に

3人の女の人

3つの栄養素で改善

悩む女の人

何もしてないのに体があつくなったり、無性にイライラしたりする症状は更年期障害の可能性があります。女性の場合は、40代後半になると卵巣の機能が低下するので、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。それが原因で、鬱状態になったりするのです。更年期障害の症状は人によって様々で、程度も個人差があります。そのため、日常生活も送ることが出来ないほど苦しい人は、食事で改善しましょう。

最近は女性だけでなく、男性も更年期障害で悩んでいる人がいます。ですから高齢になったら食事に気を使い、症状をすこしでも軽減する努力が大切です。食事で症状を改善するためには、崩れたホルモンのバランスを正常に戻すことが大事になります。そのため意識的に摂取して欲しい栄養素が3つあります。ビタミンEと亜鉛と大豆イソフラボンです。

一般的に女性の更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンが減少することにより様々な症状が起こります。そのため、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することをおすすめします。めまいや体のほてりが解消する可能性があるでしょう。さらに骨粗しょう症の予防にもなります。さらに亜鉛はホルモンのバランスを整える効果があります。亜鉛は卵巣に多く含まれていて、女性ホルモンの働きに大きく関係していることがわかっています。最後にビタミンEです。この栄養素が不足することで女性ホルモンの分泌量が乱れてしまいます。ですからカボチャやナッツを沢山食べて更年期障害の症状を予防しましょう。